北海道病院薬剤師会の概要

会の概要  |  会長挨拶(一般の方々へ)  |  会長挨拶(会員向け)  |  会 則  |  支部事務局  |  役 員  | 

ご挨拶

 この度、井関前会長(北海道大学病院薬剤部長)の後を引き継ぎまして、北海道病院薬剤師会会長に就任いたしました旭川医科大学病院薬剤部の田﨑です。微力ではありますが、皆様のご支援をいただきながら、北海道の病院薬剤師の力を合わせて、最終的には患者さんのためになる活動を展開していきたいと考えています。

 さて、近年、様々な新しい薬が開発され、薬による治療の選択肢も増えています。それに伴って、個々の患者さんに対する薬物療法が適正なものかを監視する病院薬剤師の重要性はますます高まっています。以前の病院薬剤師は院内薬局の中で調剤のみをしているだけでしたが、現在ではそれに加えて多岐にわたる仕事をしています。例えば、入院患者さんの点滴をチェックし無菌的に混合して安全性を高めたり、病棟に常駐して、患者さんに薬の副作用が出ていないかをチェックし、その薬の必要性など説明して、納得して治療を受けてもらったりする業務を行っています。もし、薬の効果が出ていなかったり、副作用が出ていたりした場合には、医師へ薬の減量や、他の薬への変更の提案を行います。薬剤師の視点からのこのような提案は、確率高く採用されることが多く、適切な薬物治療に貢献しています。このように、病院薬剤師はお薬のプロとして、患者さんの薬の治療効果を最大限高めることに日々尽力しています。

 以上のような病院薬剤師の活動を支えるため、日本病院薬剤師会の下、北海道病院薬剤師会でも病院薬剤師のさらなる能力向上を推進しています。学術大会や講演会の開催を活性化させ、薬剤師相互の交流と情報共有を進め、さらに、高度な医療に精通している各薬物療法認定薬剤師および専門薬剤師(がん、感染、妊婦授乳婦、HIV、精神科)の資格取得も奨励し、病院薬剤師全体のレベルアップを図っています。これにより、多くの患者さんに最適で安心の薬物療法を受けてもらえるような体制作りを地方も含めた北海道全道で行っていきたいと思います。今後も皆さまから信頼される薬剤師を目指して、活動していきたいと考えています。

北海道病院薬剤師会
会 長 田﨑 嘉一